空からの手紙

デュエルマスターズや東方などのお手紙

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

私に斬れないものなどほとんど無い

コメントがカオス化してるけど大丈夫なのか?



とりあえず次の更新の時に公開するか否か決めまする
公開ページはもう作っちゃったけど消すのは容易だ



続きは東方ネタ
※1天皇夜は妖々夢はしたことありません
※2一部の人しかわからないと思うけどゆっくり楽しんでいってね!
※3天皇夜は幽妖萌えでわありません

ボーダーオブライフを聞いてるときに思いついた事






霊夢「私の勝ちよ・・・・さぁ異変を元にもどしなさい」

幽々子「そうね・・・でも・・・・・・・・」



幽々子「妖夢、覚えてる?
     あなたがまだ幼かった頃にこの桜が咲くところを見たいって言ったのを」

妖夢「え・・・」


---------------------------回想シーン-------------------------------

幼い妖夢「ゆゆこさまー
      私この桜の木が花でいっぱいになるのを見てみたいです」

幽々子「そうね・・・・でも桜は春にならないと咲かないわよ」

幽々子「・・・・・・・・・・・
     妖夢この木は私が必ず咲かせるわ」

幼い妖夢「ほんと?」

幽々子「えぇ
     約束する」










---------------------------回想シーン終わり-------------------------------






幽々子「妖夢、よく見てなさい」


西行妖の花が開き始める・・・・・・

妖夢「・・・・・ゆゆこ様」

霊夢「あんた自分のしてる事がなんだがわかっているんでしょうね!?」

幽々子「あなたには関係ないわ!
     これは・・・私と妖夢の約束だからっ!」

幽々子の体が光り始める・・・

妖夢「ゆゆこ様?」

幽々子「ごめんね妖夢・・・
     一緒に・・見れ・・・なく・・・・・て」

妖夢「ゆゆこ様!?
   ゆゆこさまーーーーー」


眩しくて目を瞑る・・・・・・・







目をひらいたとき最初に見えた光景は今まで見た中で一番大きくきれいな桜だった・・・
しばらく見とれた後に


妖夢「・・・・!
   幽々子様!?」

霊夢「あの子なら帰ったわ」

霊夢(そう・・・自分のところへ・・・)

妖夢「そう・・・ですか」

霊夢「あなたも家に帰りなさい
   後の事は私に任せて」










翌日


食卓に一冊の本が開いたまま放置されてあった

妖夢「この本は?」


それは西行妖に関する文献でありこう記されていた


西行妖の力はあまりに大き過ぎる
今は安定しているが、いつ暴走するかわからない
そこで「歌聖」の亡骸で封印した



妖夢はそこで本を閉じた

妖夢「これってまさか・・・・・・・・・・・」

本を机に置き幽々子を探す妖夢

妖夢(もしあの本に書かれている事が本当なら!・・・)



















妖夢「はぁはぁ・・・どこにも居ない・・・」

庭・居間・寝室・台所どこを探しても幽々子の姿が見当たらない

妖夢「ゆゆこ・・・様・・・」


手のひらに水が落ちる・・・

妖夢「・・・・?
   ぁ…私泣いてるんだ…」


居間でうずくまって泣いている妖夢



その時


「よぉ~む~
ご飯まだー?」

妖夢「ぇ?ゆゆこ・・様?」

幽々子「妖夢?なぜ泣いてるの?」

妖夢「ゆゆこ様・・・ゆゆこ様ー!」

幽々子に抱きつく妖夢



幽々子「・・・心配かけたわね妖夢」

妖夢「ぅぅぁぁぐすっ」

幽々子「ほら泣き止んで?」






数分後





妖夢「でもどうして?」

幽々子「あぁそれは─」

「友人が死ぬのは嫌じゃない?」

突然現れた人物は八雲紫

紫「幽々子が西行妖を咲かそうとしてるのを知って止めようと思ってね」

幽々子「私も紫から言われるまで忘れてたわ」

妖夢「え?え?
   何がなんだか・・・」

紫「私が満開になる前に幽々子をスキマに引きずり込んで今まで説教してたわけ」

幽々子「紫の説教はもう数年は聴きたくないわね」

紫「それよりあやまったら?
  その子泣くほどあなたの事が大切だったのでしょう?」


幽々子「妖夢・・・・・・ごめんなさい」

妖夢「ゆゆこさま・・・・」

紫「それじゃ私は帰るわ
  早く帰って藍のご飯を食べないと」

そう言って紫はスキマに戻っていった

幽々子「妖夢」

妖夢「なんでしょう?」

幽々子「お腹がすいたわ
     ご飯にしましょ」

妖夢「─っ
   はいっ!」
















あとがき






即席で作ったのに結構本気になってしまった・・・・・・

ちなみに作ったやつもこんな感じだからねー

妖々夢はやってなけどこんな感じなのかな?ちょねさんの感想を待つとしよう・・・


そもそもこんなグダクダを見てくれているのだろうか・・・
スポンサーサイト
別窓 | 東方 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<謝罪と言い訳 | 空からの手紙 | お茶の香りは~茶の葉の成仏の香り~♪>>

この記事のコメント

私は咲夜シューターです、すいません。

まあそれは置いといて、全部把握してるからすんなり読めた(西行妖関連
妖夢は西行妖に関して先代から何も聞いてないから、反応としてはそんな感じだと思われ(紫は全部知っているが
というか、その妖夢可愛すぎだろう…

そして幽々子嬢の空気ぶち壊し発言に吹いた。
2009-05-22 Fri 20:04 | URL | ちょね #-[ 内容変更]
ちょねsのブログと

天sのブログを読むと

東方やりたくなってくる
2009-05-23 Sat 08:00 | URL | フォルブラスカ #-[ 内容変更]
>>ちょねさん

やはりちゃんと書くならやるべきだったかな?(妖々夢


>>フォル

やりなさい やりなさい
2009-05-23 Sat 09:42 | URL | 天皇夜 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空からの手紙 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。